カサカサ肌 スキン・ケアをしていますか

                                             2232

この季節になると、カサカサ肌の子どもが目立つようになります。

俗に言うドライ・スキンですが、冬場は皮膚と接する空気が冷たく乾燥しているため、余計に肌がかさつくようになります。皮膚の一番外層を覆う表皮細胞の保水力が生まれつき弱いために、乾燥傾向が強くなる体質の子どもも少なくないようです。

 乾燥肌は子どもに限ったことではありませんが、子どもの皮膚の厚みが成人の半分の薄さという特性から、表皮の一番外側の角質層が損なわれやすく、潤いを保ったり、外部の刺激から皮膚を守る「バリア機能」が弱まることが、子どもの皮膚の特徴として挙げられます。

 

 角質層は厚さ0.02_、まさにラップ一枚の薄さです。整然と並ぶ角質細胞のすき間をセラミド(角質細胞間脂質)が埋め、その周囲は天然保湿因子(NMFがかためるとともに、皮脂腺から分泌される皮脂と汗のクリーム状の混合物「皮脂膜」で覆われています。

これが「バリア」で、皮膚の水分の蒸発を防ぐばかりか、外界からの細菌やウイルスの侵入を防ぐ役割を担っています。皮膚を掻き破ると、皮膚の表面に顔を出した知覚神経の末端が刺激を受けやすくなって更に痒みが強くなり、またさらに掻きまくるという悪循環におちいることになります。

 

 このような皮膚のかさかさを和らげるためには適当なスキン・ケアが必要ですが、薬を塗ることだけがスキン・ケアではありません。薬に頼る前に、基本的なケアを心掛けることが求められるでしょう。

@    皮膚を清潔に保つことが必要で、石鹸で皮脂、とくに古くなって酸化した皮脂を洗い流すことが大切ですが、かと言って石鹸の使いすぎは禁物。香料などが多すぎず刺激の少ない石けんを用いて、1日1回に。冬場は石けんの使用回数を抑えること

A    ごわごわしたタオルで強くこすりすぎず、化繊以外の綿の細かい繊維のタオルを用いるようにする。できれば手のひらでよく泡立てて手洗い感覚で肌の表面をなぞるように洗う

B    熱すぎるお湯に長く入ると痒みが増すばかりか、必要な皮脂成分まで溶出する

C    保湿成分含有の入浴剤を使うのも一法ながら、洗い流される石けんと違い、入浴後もその一部は皮膚に残ったままになるので、体質に合うかどうかを確かめた上で常用するようにしましょう

D    体をふくときも、余り強くこすらず押し拭きで水気を取るようにこころがける。体の火照りで痒みが激しいときは、保冷剤で冷やすようにします

E    風呂から上ったら5分以内に適当な保湿剤を薄く伸ばすように塗る

F    保湿剤には「ヒアルロン酸」や「セラミド」をはじめ多様な製品があるので、体質に合うものを求めると共に、症状によって使い分けることが必要

G    体質によって合う合わないがあるので、保湿剤はまず体の一部で試し塗りし、皮膚症状が悪化せず効果があることを確かめた上で全体に塗り広げるようにする

H    下着やパジャマなど直接肌に触れる素材は綿製を優先し、化繊、色物、縫い目や裏地のごわごわした粗い製品は避けること

I    掻くことによって痒みが更に強まるので、軽くたたいて痒みを和らげるようにする

J    睡眠中などに無意識に掻くことは避けようがないので、爪はいつも短く切りそろえておく

K    エアコンなど水分を発生しない暖房機を長時間使い続けないようにし、部屋の乾燥が強い場合は、濡れタオルを吊るしたり、加湿器などを併用する

L    カレーやラーメンつゆなどピリ辛の香辛料が強い食べ物は痒みを強めるので、たまに食べるくらいにする

M    イライラやストレスによって痒みが強くなるので、ストレス対策は重要である