文科省 インフルエンザ等の出席停止期間に関する省令を通知

                                                                       2012.4.17

 今まで一部の感染症の登園・登校基準がやや曖昧であったために、保護者や園・学校の間で混乱が生じていましたが、文部科学省は4月2日付けで「学校保健安全法施行規則の一部を改正する省令」施行を関係方面に通知しました。

  改正の概要は、(1)結核の有無の検査方法の基準の変更、(2)髄膜炎菌性髄膜炎を第2種学校感染症への追加 と併せ、(3)インフルエンザ、百日咳、流行性耳下腺炎の出席停止期間の基準の改正の三点となっており、平成24年4月1日から施行されることになりました。

インフルエンザは、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日) を経過するまで」 となっており、現行「解熱後2日を経過するまで」が強化されています。

 従来も、「発症後5日間」の基準を守る医療機関もあったため、先生によって指示が異なるということで混乱が生じていた点もありましたが、今回の統一処置で緩和されることでしょう。

百日咳は、「特有の咳が消失するまで、又は5日間の適正な抗生物質製剤による治療が終了するまで」に

流行性耳下腺炎は、「耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで」と、従来の「耳下腺の腫脹が消失するまで」からの変更が行われています。 

今回の改正で混乱は減ると思われますが、子どもが休まなければならない期間が長くなるケースも予想され、仕事を持つ保護者にとっては負担になることも予想されます。