鳥インフルエンザ(H7N9) 日本への影響は?

既に「人から人感染」型に変異か?

                                                      

                                                                                  2013.4.16

  例年に比べ小規模流行に終始した今季のインフルエンザの流行でしたが、中国では世界で初めてヒトへの感染が331日に確認されたA(H7N9)の鳥インフルエンザが猛威を奮っています。

上海市とその周辺の江蘇省、浙江省、安徽省に限定されていた感染地域は、13日には遠く離れた北京市で7歳女児への感染が確認され、一気に拡大する様相を呈してきました。

4月15日現在、中国国内の感染者は24省で死者13人を含めて61人になっています。

ただ過去のH5N1型の流行時にも疑われたことですが、発病した人以外にも、診断のついていない軽症者や不顕性感染の存在など、感染者の裾野はもっと広いものではないかという推測もないわけではありません。

 H7N9型は、本来は弱毒性で、ヒトに感染したのも初めてですが、遺伝子の一部が変異して強毒性に変化し、更にはヒトに感染しやすいタイプに変異した可能性があることも懸念されています。

ただ現時点では、ヒトからヒトに感染が続いているという根拠はないようです。

中国国家衛生・計画出産委員会とWHO中国事務所は8日、北京で共同記者会見を開き、「ヒトからヒトへの感染の証拠は見つかっていない」と述べ、「09年に流行したH1N1型では、ウイルスの8つの遺伝子のうち1つはヒト型ウイルス由来の遺伝子が認められたが、今回のH7N9型の8つの遺伝子にはヒト由来の遺伝子は未だ見つかっていない処から、H1N1型のように容易にヒトに感染することはなかろう」と強調しています。わが国の国立感染症研究所も4月3日に、WHO14日に改めて同様の見解を示しています。

しかしH7型のウイルスは、ニワトリの間で感染を繰り返す過程で強毒性に変わる可能性を残しており、中国では、確定患者との接触者1,000人以上が経過観察されていますが、未だヒト-ヒト感染の証拠は挙がってはいません。江蘇省でも、患者との接触歴のある擬似患者の調査が進められてはいますが、いまだヒトからヒトへの感染確定例は認められていないようです。

現在の感染者数とその拡がりからみて、従来の鳥インフルエンザの域を出るものではないという見方がもっぱらのようで、入国時の特別なスクリーニングや渡航制限などの措置は採られてはいません。

流行が極限状態になることを「猖獗(しょうけつ)を極める」と言いますが、今後の成り行きによっては、2003年に大流行し世界を恐怖に陥れた新型肺炎「SARSをも凌ぐ勢いに達する恐れもないわけではないようです。

厚労省は12日、10日に中国から提供されたウイルス株の分析結果を発表。国内で既に使用されているタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタなどの抗インフルエンザ薬が効果を示すことを明らかにすると共に、遺伝情報を基に作成した新しいウイルス検査キットが有効であることも公表しています。

このような情勢を受けて、2日、米国CDC(米疾病対策センター) は、今後必要になる可能性があるワクチン開発に向けた準備を開始したと発表(日経、3日夕刊報)

政府は12日、新型インフルエンザの感染防止を目的とした「新型インフルエンザ対策特別措置法」を4月13日に繰り上げ施行することを閣議決定しました。

特措法には、政府が緊急事態宣言を発布した際には、住民に外出自粛を求めるなど個人の権利や自由の制限につながる規定も盛り込まれていますから、随分と窮屈な生活を強いられることを覚悟しておく必要がありそうです。

わが国には、迅速診断検査に基づいた抗ウイルス薬の速やかな投与という、先進諸国も含めた他のどこの国にも勝る、独特の医療文化ともいうべきインフルエンザ対応策が確立されています。これは2009年のH1N1型の流行時にも証明されたことですが、もしH7N9型インフルエンザの侵入-流行が起こったとしても、諸外国と同じ規模の流行や死者 がでることはないと期待してもよいのではないでしょうか。