マダニに注意! 虫取りで草むらに入るのは?

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)の恐怖

2017.8.1

 厚労省は7月24日、西日本の50歳代女性が野良猫に咬まれて昨年の夏に死亡していたと発表しました。

狂犬病じゃあるまいし、イヌではなくてなぜネコにと思われるでしょうが、死因はマダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)という聞き慣れない病気によるものなのだそうです。

 この女性は衰弱した野良ネコに手をかまれ約10日後に死亡されたそうですが、女性がマダニにかまれた形跡はなく、ネコにSFTSの症状が見られたことから、マダニにかまれたネコがSFTSを発症し、女性にうつしたものと思われます。

動物から感染し発症した世界初のケースと考えられ、体調不良のペットなどに接触する場合には注意をするようにという通知が厚労省から出されています。

 動物がSFTSウイルスに感染してもほとんど発症しないため、ヒトにうつすことはないと考えられていましたが、今年に入ってペットのネコやイヌで発症した事例が確認されるようになり、ペットと接する際には手袋を用い、ダニ駆除剤を使うなどの注意が求められるというのが厚労省の見解です。

 屋内に生息するヒョウヒダニとは異なり、このマダニは野原など屋外にしかいないため、屋外に出ず屋内でのみ生活するペットが感染することはないようです。

 SFTSは、2011年に中国の研究者らによって初めて報告されたブニヤウイルスという新しい(?)ウイルスによるダニ媒介感染症(フタトゲチマダニ、ヒゲナガマダニなど)で、

6日〜2週間の潜伏期を経て、発熱、嘔吐や下痢などの消化器症状、リンパ節の腫れ、皮下出血や下血などの出血症状を呈する病気ですが、高齢者では重症化するケースが多く、致死率は6〜30%と考えられています。

 国内では、2013年の初発例以後これまでに西日本を中心に266人の患者が報告され、有効な治療薬もないことから、うち57人が死亡しているそうです。

 マダニによって媒介される感染症としては、日本紅斑熱、ライム病、ダニ媒介脳炎のほか、ダニの一種であるツツガムシによって媒介される「つつが虫病」などが知られていますが、抗菌剤が有効な日本紅斑熱やライム病、つつが虫病と違い、SFTSに有効な治療法や特効薬はありません。

 従来は西日本からの報告が主でしたが、徐々に拡散しつつあり注意が必要で、マダニに咬まれぬように草むらや野原には入らないようにすることが大切です。