ワクチンの接種時期と接種回数  

                                             

1 定期接種(1類疾病)

対 象 疾 病
(ワクチン)
接      種 備     考
対  象  年  齢 標準的な接種年齢 回数 間 隔
ジフテリア
百日せき
破傷風
DPT
ワクチン
1期初回  生後3〜90月未満 生後3〜12月 3回 3〜8週 第1期で接種間隔があいた場合はすべてのやり直しはせず規定の回数を接種する
1期追加  生後3〜90月未満
 (1期初回接種(3回)終了後、6ヶ月以上の間隔をおく)
1期初回接種(3回)
後、12〜18月
1回
2   期  11.12歳(DTトキソイド) 小学校6年(12歳) 1回
ポ リ オ 生後3〜90月未満 生後3〜18月 2回 6週以上 ・下痢がある場合は延期する
・服用直後(30分以内)に吐き出した場合は再服用させる
・通常、春と秋に2回行う
麻 し ん 生後12〜90月未満 生後12〜15月 1回 ・麻しんの予防接種は、標準的な接種年齢のうち、できるだけ1歳になったらすぐに行う
・流行時には生後12ヶ月未満の者に対しても任意接種として行うことができる。この場合定期接種を標準的な接種年齢の間に行う
・ガンマグロブリン注射を受けた者は3ヶ月(大量療法の場合6ヶ月)後に行う
風 し ん 生後12〜90月未満 生後12〜36月 1回 ・風しんの予防接種は、麻しん予防接種の後に行うことを原則とする
日 本 脳 炎 1期初回  生後6〜90月未満 3歳 2回 1〜4週 ・第1期で接種間隔があいた場合には、医師と相談する
1期追加  生後6〜90月未満
 
(1期初回接種終了後おおむね1年おく)
4歳 1回
2  期  9〜13歳未満 小学校4年(9歳) 1回
3  期  14・15歳 中学校2年(14歳) 1回


2 結核予防法  

種類 接   種
対 象 年 齢 回数 間  隔 接 種 量
BCG 4歳未満のツベルクリン反応陰性者 1回 ツベルクリン反応判定後2週間以内 規定のスポイトで滴下


3 任意の予防接種  

種 類 接    種 備     考
対象年齢 回 数 間 隔 方法
インフルエンザ 2類の対象者(65歳以上の者、60〜65歳で心肺などに重い病気を有する者)を除く全年齢 2回
(13歳未満)
2回の場合は1〜4週
(3〜4週が望ましい)
皮下 ・接種計画は流行に備えて、12月中旬までに終了するようにすることが望ましい
1回又は2回
(13歳以上)
おたふくかぜ 1歳以上の未罹患者 1回 皮下 ・副反応は少ないが、ときに接種2〜3週間後に一過性の耳下腺腫脹や発熱が見られることもある。また、まれに髄膜炎の報告もある
水  痘 1歳以上の未罹患者 1回 皮下 ・ときに水痘に罹患し軽く発疹が出ることがある




ワクチンを規定どおりできなかった場合の接種の進めかた

予防接種、Q&A

戻る